完全に自殺に惚れてる件

こんにちはこうたです

今回は「自殺に惚れてる件」について話していきます

自殺ってなんか暗いイメージだったり、
辛さ、苦しみに追い込まれた人がする行為のイメージがあると思います

確かに、自殺を考え始める初期の頃は僕もそうでした

生きてることが辛いし苦しいから自殺という手段を考えてましたし
それで自殺未遂(首吊り)もしました

そして今も自殺したいなぁ、死にたいなぁと思っているのですが

ぶっちゃけ今は辛くもないし苦しくもないです
鬱と診断されて処方されてる薬のおかげだと思います

辛くもないし苦しくもないけど
自殺をしたいと思ってるしする気でいる現在

これって何だろうなと考えた結果
「僕は完全に自殺に惚れてる」
という答えに行き着きました

辛い時、苦しい時に何度も何度も自殺のことを考え、実際に行動に移したりしてるうちに

別に全然辛くない、苦しくない今でも自殺のことが頭から離れません

というか自殺は素晴らしいと今は思っています

首吊りを実際やってみて分かったのが全然辛くないということ

そして、それを完遂すればあの世にトリップして、
永遠に寝れる

めちゃくちゃ素晴らしい行為だなと

そして、いざそれを実行したときのことを考えると
とても安らかな気持ちになります

そんなこんなで四六時中考え、安らぎを与えてくれる
自殺

これはもう完全に惚れてますね

ということで今回はこのくらいにしておきます

最後まで読んでくれてありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました