ニートが週3で働き始めた結果

どうもこうたです

今回は「ニートが週3で働き始めた結果」を書いていきます

結論から言うと「何も変わらない」です

上記を解説していきます

ニートが働き始めても何も変わらない

僕は大学2年のときに中退してから約3年間ニートしていました

その間、格闘技やったり、アフィリエイト・ブログやったり、プログラミングやったり、Youtubeやったり色々やってました

色々やったって言ってもダラダラしてる時間の方が圧倒的に長かったですけどね、、、

そんなニートの間、時たま不安に襲われるんですよね

「俺このままでいいんだろうか、、、」

とか

「親死んだらどうしよう、、、」

とか

こういう記事読んで余計に不安になったり

とかね

で、働けばこの不安がなくなるんじゃないか、自信が手に入るんじゃないかとか思うんですよ

で、結論は上にも書いてあるけどなんも変わんないよマジで

ホント何にも変わらないよ

働こうが将来のこと考えて不安になるし、落ち込み気味なら働こうが落ち込み気味だしね

ニートの頃の日常に労働の時間が組み込まれるだけで自分はなんも変わらないし
あっという間にそれが日常になっていくからね

やっぱ変わること一つだけあったわ

働いた日の寝つきが半端なくいい

ホントにこれは実感した

ホント一瞬で寝れる

ニートが働き始めて唯一変わったことはこれだけだわ

働いても寝つき以外何にも変わらないから働こうぜ

で、この記事で僕が何を言いたかったのかって言うと

働いても寝つき以外変わらないから働こうぜってこと

実家に住みながら親が養ってくれる状況で働けばお金もたまるしね

お金がたまれば親が死んじゃって1人になって絶望したとき
その貯めたお金で日本でも世界でも旅して、いい場所があったらそこで死ねばいいしね

ちなみに在宅ワークはこの記事でも書いたけどマジでお勧めしないよ

普通に働いちゃった方が圧倒的にコスパいいよ

まとめ

ニートが働き始めてもマジで寝つき以外なんも変わんないから
ニートでいれる間に働き始めちゃった方がいいよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました