自殺したい人に向けて 続き

どうもこうたです

今回は自殺したい人に向けての続きの記事です

まだ自殺したい人に向けてを読んでないなら先に読んでおいてね

どんな場所?道具は?

場所は近くにある雑木林

使った道具はホームセンターで売ってた12mm20mの白いロープ(2000円くらい)

ちなみにホームセンターには黄色いロープも売ってたけど白いロープより安かったから
「どうせ死ぬなら高い方買おう」と思って白いロープを選びました

あと木昇る時に手を傷めないようにコンビニとかで売ってる緑色のゴム張り軍手

僕の場合は引越しのバイトをしてたときに買ってたので家にあったものを使いました

首吊りの準備は?

ネットで首吊りにはハングスマンノットという結び方がいいと書いてあったので
首をくくる部分はハングスマンノットを選びました

そして家で試しにロープを適当な長さに切ってハングスマンノット結びをやってみました

自分では長く切ったつもりだったのですが
いざ結んでみるとかなり短くなってしまったので
本番用はもっと長く切りました

ロープを最初より長く切って
ハングスマンノット結びをして首吊りロープが完成したのですが

ここで問題が発生

首をくくる部分は完成したのですが
木にくくる部分がなかったんですよね

またまたネットで調べてこちらの記事を見て
木にくくる部分はふた結びを選びました

家にある椅子で試しにやってみて

ふた結びを習得しました

実際に首を吊ってみたら全然辛くなかった

前回書いた自殺を試みてみた結果ではめちゃめちゃビビッて首を吊らずに終わりました

そして、悩みとかどうでもよくなった的な記事を書いたのですが

この次の日は実際に首を吊ってみました

最初は下の動画を見て

上から勢いを付けて首を吊る方法を考えてたのですが

これが上に登ってみるとけっこ―怖い

なので、そんなに高くないところに首吊りロープをセットして
そのロープを手でつかみ両足を木にセットしながら登って首吊ることにしました

こんな感じね(絵が下手で申し訳ない)

あとはロープに顔を入れて手を離せば首吊り完成なのですが

最初はロープに顔を入れるのですら怖かったので
昇っては降りてを繰り返してしました

そのうちロープに顔を入れてみたくなったので
入れてみました

ロープに顔を入れるのを繰り返してるうちに
首を締めたくなったのでハングスマンノット結びだと支点の方?を持てば首がしまらないので

ハングスマンノットの支点の方を持ちながら首に体重をかけました

ここで始めて実際に首吊りの状態で首に体重を掛けてみたのですが

ヒモは食い込むし、苦しいし、全然死ねる気がしなかったんですよね

「首吊りってこんなに苦しいのか」

と思い少し萎えましたが

もっと楽なポジションがあるはずと思い

何度か繰り返しました

そのうち着てたダウンを首とロープの間に挟めばロープの食い込みの痛さが少しまぎれたので
ダウンを首とロープの間にセットしてまた繰り返しました

また繰り返してるうちにギリギリつま先が地面に着くことに気が付いたんですよね

「次はつま先が着くまで手を離してみよう!!」と決め

またこんな感じで昇っていって

ロープに首を入れゆっくり手を離していき

ギリギリつま先が付いてこんな感じになりました

この時点でかなりロープがしまったのですが
全然苦しくないんですよ

ただただ呼吸ができないだけなんです

失神ゲームをやったことがある人はわかると思うんですけど
失神ゲームって全く痛くないじゃないですか?

まさにあの感じ

「あ~このままいけば死ねるな~」と意識を失いそうな感じで思ってました

つまり首吊りは中途半端に首に体重を掛けたり
しっかりロープがしまってない状態だと痛いし苦しいのですが

ロープがしっかりしまっている状態で体重をしっかり掛ければ首吊りは全く苦しくなく死ねます

ただの失神ゲームの延長戦なんですよね~

その後

その後ロープを外そうとしたのですが外せず

何とか顔をロープの結び目の方に向けてヒモを緩めようとしても緩まず
意識が遠のいていき

ロープを外すことを諦め、顔をまた正面に向けて

呼吸ができないけど全く苦しくない状況で
「やっぱ完璧は無理なんだな、こんな形で死ぬのか俺」と

やっと死ぬ覚悟を決めた瞬間に火事場のバカ力なのか何なのか
細かいことはよく覚えてないのですが

木の上に登りロープを外してました

そして

「首吊りちょー余裕じゃん」

「首吊りならいつでも楽に死ねんじゃん」

と木の上でテンションが上がりながら思っていました

まとめ

自殺したいなら首吊りがいいと思うよ

全然苦しくないし、失神ゲームと同じ感覚だから

ただ、ロープがしっかりしまってなかったり中途半端に体重を空けると結構辛いから注意

後、本文には書いてないけど
首を吊ってみると回転するからびっくりしないように(笑)

ということで今回はこのくらいにしておきます

最後まで読んでくれてありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました